FC2ブログ
プロフィール

yunco

Author:yunco
国立パリ地方音楽院(CNR de Paris)、パリ・エコールノルマル音楽院の両校を審査員満場一致を得て卒業。国立パリ地方音楽院においては高等室内楽科、高等ピッコロ科も修了。
また平成22年度日演連推薦・新人演奏会にて大阪(現・日本)センチュリー交響楽団と共演。
**********
現在フリー奏者として色んな場面で演奏してます♪大阪中央区で教室兼事務所を主宰しています(^^)

詳しいプロフィールやレッスン情報などHPからどうぞ♪
junkoyamamoto.web.fc2.com
リンクからもお進み頂けます♪

レッスン情報
大阪の谷町九丁目の駅前の個人スタジオ「STUDIO CC'」でしています♪フルート・ピッコロの生徒さん募集中
♪コンサートのご依頼♪
フルート&ピアノ又は電子ピアノ、フルートのみのアンサンブル、フルートと弦楽器、ハープ・・・など、レパートリーも豊富にご相談に応じさせていただきます♪お気軽にお問い合わせ下さい。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

マタニティ演奏記録⑥コンサートに向けての食事管理

2017年ももうすぐ終わり。

年の暮れがもうすぐそこまで来ています。

今年もたくさん演奏機会を頂きました。
特に前半は関西以外の演奏会も多くて、旅が多く、
演奏だけじゃなくて、その土地の人たちとの出会いとか、食べ物とか、少し観光とか

刺激がとっても多かったです!


そんな2017年も半分以上妊娠中なわけで。


色んな方に

「しんどくなかったんですか?」or「しんどくないんですか?」
って聞かれるんだけど、

もちろん、聞かれたら、

そりゃ元気絶好調の時よりはしんどい。

でも、日々変化する自分の体を受け入れ、うまくつきあっていかないと。


初期の頃は内臓の調子も悪く、息も苦しく特につらかったです。
でも、何となく余計な力入らなくて、音が良く、精神的にはリラックスして楽しかったんですよね。


自分の中で、
「せっかく美しい音楽やってるのだから、ストレスにせず、楽しもう!」
という気持ちが普段より大きくなり、いつも以上に純粋に音楽が楽しめました。


メンタル面でリラックスしていたのと、後、むくみや内臓の調子で日々の辛さが変わる事に気づき、食事にはかなり気をつけました。


外食はほぼストップ。
コンビニ弁当もストップ。
おうちでは塩分控えめ。
お野菜をたくさんと、豆乳やお豆腐なども積極的に食べ。

練習時間が長い、ユニバーサルフルートオーケストラの練習の時なんかは、
お弁当を持参して。

後期に入ってからは、ご飯も玄米に変更。

おかげで腸の調子も絶好調。

むくみなども無く、安定してコンサート準備に向かう事が出来ました。

改めて気付いたのは内臓の調子って、唇の調子に直結するので、本当に大事って事。

コンサートあって、レッスン一日中あって、遠方の学校レッスンあって・・・
体がへとへとに疲れても、身体的な疲れは、寝たら取れるんですよね。

コンサート後の打ち上げのお酒とか・・・
遅いレッスンの後の外食とか・・・
遠方レッスンの合間の間食とか・・・

そういうので、内臓が疲れるから、翌日に疲れが持ち越すのだと気づく。


お酒やめて、外食やめたら、

疲れは一日でとれる!

つくづく、食事は大事。


演奏家だけじゃなく、
妊娠後期ぎりぎりまでお仕事しようと思ってる方、

食事は大事。

玄米、おすすめです(^^)
(個人差はあるでしょうけど!)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント