FC2ブログ
プロフィール

yunco

Author:yunco
国立パリ地方音楽院(CNR de Paris)、パリ・エコールノルマル音楽院の両校を審査員満場一致を得て卒業。国立パリ地方音楽院においては高等室内楽科、高等ピッコロ科も修了。
また平成22年度日演連推薦・新人演奏会にて大阪(現・日本)センチュリー交響楽団と共演。
**********
現在フリー奏者として色んな場面で演奏してます♪大阪中央区で教室兼事務所を主宰しています(^^)

詳しいプロフィールやレッスン情報などHPからどうぞ♪
junkoyamamoto.web.fc2.com
リンクからもお進み頂けます♪

レッスン情報
大阪の谷町九丁目の駅前の個人スタジオ「STUDIO CC'」でしています♪フルート・ピッコロの生徒さん募集中
♪コンサートのご依頼♪
フルート&ピアノ又は電子ピアノ、フルートのみのアンサンブル、フルートと弦楽器、ハープ・・・など、レパートリーも豊富にご相談に応じさせていただきます♪お気軽にお問い合わせ下さい。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ

御命日

今日は、

立花千春先生の一周忌の御命日。



この1年早かったなんて言えません。


このブログには、ときどき吐露してしまっていたけど、、

なるべく、このことに対して多くを書きすぎないようにしてきました。

書き始めると、思いを止められなくなりそうで。



この一年間、ふと溢れてくる思いを堪えて笛吹いてたとこあります。




フルートを吹く度に、心の中の先生に話しかけて。


でも、その思いは深い悲しみから、
少しずつ姿を変えつつあるのかもしれません。





会えなくなってしまった1年を悲しむより、

深い愛情をくれた15年間に感謝をしたい。



早くに逝ってしまったと嘆くより、

最後まで力強く美しく生きた姿を尊敬したい。



ぽっかりと空いてしまった心の穴を何かで埋めようとするのではなく、

もっと心の大きな人間に成長したい、彼女に教えてもらった音楽で。







先生は、私のこと、

ユンコユンコって呼んでました。

Junkoの発音がフランス語でユンコだから。




昔、ほんとに辛かったとき、メールで

「世界中の皆がもしユンコの敵になるようなことがあっても、私は絶対にあなたの味方でいるから、自分を信じて進みなさいな」

と言ってくれたこと。

この言葉が今でも私の心の奥底を支えています。




最後に演奏ご一緒した後、
「ユンコは努力家だし、頭も良いし、勉強熱心だから、笛の事は全く心配してないけど、無理しすぎるところあるから、体には気を付けなさい。食べ物が体を作ってるってこと、忘れないで」って、


それが最後の教えとなりました。




先生の一つ一つの言葉、
一つ一つの熱心な表情が、

宝物のように、心の中で輝いてます。





最近、先生の公私共にパートナーであられたピアニストの旦那様にお会いしたとき、


旦那さんが、

「千春はほーーんと、純子ちゃんの事、好きだったよねー」って、

笑顔で言ってくれて、

それが、こそばくも嬉しかった。


昔は
「立花千春みたいなフルーティストになりたい!」って

強く想ってました。



でも、今は少し違う。

「立花千春の教えの詰まったフルートで、
山本純子って言うフルーティストがどんな音楽家になれるのか、
いつまでも突き詰めたい」

って




思うのです。



Chère ma professeure, Chiharu, je pense à vous de tout mon coeur.

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント